CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 今日も何にも・・・。 | main | the beginnig is always tough, but something cool, anyway >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
初稽古 in Montreal
今日は朝起きて、気合を入れて、空手の道場にいってきた。ビーコンズフィールドっていう湖のような川のほとりにある、すっごく閑静な高級住宅地にあって、街の雰囲気は意義ロスの田園地帯のようであったり、フランスの田舎地方のようであったりと、すっごく感じがよかった。ストリートの名前も、OxfordであったりCambridgeであったり、イギリス調のものが多かった。

なにはともあれ、ダウンタウンからメトロとバスをン乗り継いで、1時間半かけて道場に行って、1時間稽古して帰ってきた。帰りもまた1時間半かけて・・・。でも道場の雰囲気はすごくよくて、道場主のSensei Denisも日本の師範Yamamotoと旧知の仲であるためか歓待してくれて、とても居心地がよかった。
ただ、その道場、つい最近、大山空手から独立してしまって貫励会とかいうちょっとかっこ悪い名前になってたけれど・・・。

そんなこんなで稽古も終わって寮に帰って、1週間分の洗濯を片付けて、荷物を全部まとめてしまって、夜は、ドイツ人の(オランダの大学に行ってるけど交換留学でこっちにきてる)デイビッドが明後日からケベックシティの大学に移るから、そいつの送別会と称してしたたかに飲んで(ブラジルから来てるマウロっていう奴が作ったブラジルの地酒〜強烈に強い@@)、酔って、バカ騒ぎをして、そして笑って・・・デイブを交えた最後の夜のひと時は、一瞬で散った。そんで酔いも冷めてきた頃、クラブに行ってまた音楽の中で飲んだ。

ここモントリオールは本当にクラブやパブが社交の場で、仲間で集まって時間を過ごす場として機能してる。クラブやパブが集まっているサン・ローランっていうストリートには、世界中の高級車から、マニア垂涎のレアな車が並んでる。そして週末はどこのレストランも、パブもクラブも朝まで騒がしい。つくづく、みんな生活を楽しんでるな〜って感じる。ラテン語の"Carpe Diem(Seize the life)"を地で行く生活をしてるなーって思った。

話がそれたな、今頃まだクラブで飲んでるだろうデイビッドに別れを告げて今寮に戻ってこの日記を書いている。寝起きを共にしたのはたったの3週間だったけど、何年後に再会しても、また今夜のように晩酌で騒ぎあえる友達の一人だろうなーと思いながら、今日はこの辺で。

**デイビッドは何日か前の日記のカラオケの写真の左側で歌ってる男**

| - | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tatatataku.jugem.cc/trackback/28
トラックバック