CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Quebec City
今日は朝から台湾人の友達と、引越しを手伝ってくれたそのお母さんと車でモントリオールから3時間くらいのところにあるケベックシティに行ってきた。

行きも帰りも車の中では寝っぱなしであきれられたけれど、ケベックシティは、、、何もなかった。ヨーロッパ調の街の雰囲気は確かに観光客を吸い寄せるだけのものではあったけれど、吸い寄せすぎって感じた。
モントリオールの中にある、ヨーロッパ調の雰囲気漂う、オールドモントリオールをちょっと大きくした感じで、すっごい退屈な街だった。

でも一度は行かなければ行けない街だったから行けてすっごくよかったけど。それに、前に同じ寮に住んでいたドイツ人のデイビッドと偶然にもケベックシティで再会した。本当に偶然に。あいつに会えたこともすっごくよかったかな。
| - | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
単調な日々・・・
朝9時からフランス語のPlacement Testを受けるために8時半から並んでたのに、それでも1時間も待たされて、それで、試験を受けた。名前を書いただけで終わったけど。。。それから10時からのFaculty of Managementのコース別の説明を受けにLeacock buildingにいった。30分ほど遅刻してしまったけれど、まあ学部で4年間かけてどういうことを学び、4年間のうちいつ、internshipに行き、いつ外国で研修を受けるのかということが事細かに説明されて、なかなか面白かった。

それが終わってからは、寮に戻って本を読んだり、英語の勉強をしたりしていた。それで夜は同じ寮で4階にいるNINAと一緒にSt-Laurentに繰り出し、ジャズバーを探してさまよった。だけど入った店はジャズを聞かせてはくれなく、またぐるりと回って寮まで戻ってきた。
くたくたになって終わった一日だった。
| - | 10:27 | comments(0) | trackbacks(1) |
今日は・・・
朝9時半から入学式みたいなことが大学の体育館であった。新入生が一堂に集められて、学長の話とかを聞いた。でも、いろんな人が話してたけど半分くらいしかわからなかった。

それからキャンパスの案内とか昼食にピザを配られたりして、そのあと学部ごとの説明会とかがあって結局終わったのは4時半だった。
みんなはそのあとFROSHという新歓パーティみたいなイベントに行った。これは学部ごとに企画されているもので3日か4日夜中過ぎてもずっと続けられる。90%近くが参加していた気がする。そこでいろんな新しい友達に出会えるのはすごく魅力的だけどでも、65ドルの参加費を払うのはいたかったから結局迷った挙句やめてしまった。

それで夜は寮の友達とオールドモントリオールに行ってきた。前行ったときは昼だったから一回夜に行ってみたいなってずっと思ってて。ヨーロッパの雰囲気漂う街で、カフェやレストランからはバンドの生演奏が流れてきて、オレンジライトに照らされた石畳の道は渋い色をかもし出していた。
途中で、ノルウェーとテキサスからの留学生(ともにマギル)にあって、こっちは日本とドイツだったから、国際色豊かにだべっていた。


| - | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
the beginnig is always tough, but something cool, anyway
22日の朝一番でこれから1年間の住まいとなる新しい寮に引越しした。寮といっても、上のほうの階はまだ一般の人向けにホテルとして機能してて、まさにホテル暮らしの始まりみたい。
昨日はとにかく圧倒された。スーツケースを両手に2つずつ運んでるおっさんや、洋服ダンスをそのままもってきてるどっかの女・・・とにかく俺とは比較にならないくらいみんな荷物が多かった。
昨日友達になった奴の部屋に早速いってみると、そいつはすでに本箱一杯に教科書やら、ノートやらがつまれていて、「ヤベー」と思った。でも教科書って授業はじまってから買えっていう指示でてた気がするしな〜。
昨日の夜は、初めて親と離れて暮らすんだろう、高校を卒業したばかりの学生が親との別れにとまどいを見せていた。

親ほうも、国籍、出身、年齢にかかわらずみんな子煩悩そうで家族総出で子供の新居の部屋の整理に、荷物の運搬に勤しんでいた。子供の門出を手伝えてとても幸せそうだった。そして、そのとき、一抹の寂しさを俺は一人で噛み殺していた。一人で、家も探してきて、意味不明な契約書に適当にサインして、家の住所と番号だけを親には知らせて・・・親の手を煩わせなかったといったら聞こえはいいけれど、やっぱり俺は親不孝だなって申し訳なく思った。何千マイルも海と陸を隔てたところで俺がどんな家を見つけてどんな部屋に住んで、毎日何をしているのか、何もわからない両親はもどかしさで一杯だろうなって、引越しをしているいろんな家族を見ていたらそう感じた。こっちで俺ができることは大学で結果を残すこと、それだけしかないな、って改めて気を引き締めた22日でした。

引越しの荷物を部屋に移してしまってから、友達に付き添ってもらって生活用品を買いだしに行った。食器やらトイレ用品やらマットやら・・・今はじめて自分で自分の生活を作っていってるなって思った。
昨日はネットにつなぐことができなかった。パソコンのLANのジャックが寮からあてがわれたLANケーブルでは機能しなくて、それで方々に電話し、方々を訪ねまわって最後に昔の寮に戻って、以前使っていたケーブルをつかってみるとなんと、ネットにつなぐことができた!もうネットにつなげないと盲目になってしまったような感じすらするほどの生活を送っているため、一時はこの世の終わりかと思うほどに深い傷を心に負った@@しかし、ばっちし今は回復しているけど。

今日は夜7時から寮全体のミーティングがあるらしい。一応出席はしようかなっておもう。明日は朝一番からFaculty of Managementの初めての学部説明があったりしてちょっといよいよ始まってきたなって感じ。
| - | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
初稽古 in Montreal
今日は朝起きて、気合を入れて、空手の道場にいってきた。ビーコンズフィールドっていう湖のような川のほとりにある、すっごく閑静な高級住宅地にあって、街の雰囲気は意義ロスの田園地帯のようであったり、フランスの田舎地方のようであったりと、すっごく感じがよかった。ストリートの名前も、OxfordであったりCambridgeであったり、イギリス調のものが多かった。

なにはともあれ、ダウンタウンからメトロとバスをン乗り継いで、1時間半かけて道場に行って、1時間稽古して帰ってきた。帰りもまた1時間半かけて・・・。でも道場の雰囲気はすごくよくて、道場主のSensei Denisも日本の師範Yamamotoと旧知の仲であるためか歓待してくれて、とても居心地がよかった。
ただ、その道場、つい最近、大山空手から独立してしまって貫励会とかいうちょっとかっこ悪い名前になってたけれど・・・。

そんなこんなで稽古も終わって寮に帰って、1週間分の洗濯を片付けて、荷物を全部まとめてしまって、夜は、ドイツ人の(オランダの大学に行ってるけど交換留学でこっちにきてる)デイビッドが明後日からケベックシティの大学に移るから、そいつの送別会と称してしたたかに飲んで(ブラジルから来てるマウロっていう奴が作ったブラジルの地酒〜強烈に強い@@)、酔って、バカ騒ぎをして、そして笑って・・・デイブを交えた最後の夜のひと時は、一瞬で散った。そんで酔いも冷めてきた頃、クラブに行ってまた音楽の中で飲んだ。

ここモントリオールは本当にクラブやパブが社交の場で、仲間で集まって時間を過ごす場として機能してる。クラブやパブが集まっているサン・ローランっていうストリートには、世界中の高級車から、マニア垂涎のレアな車が並んでる。そして週末はどこのレストランも、パブもクラブも朝まで騒がしい。つくづく、みんな生活を楽しんでるな〜って感じる。ラテン語の"Carpe Diem(Seize the life)"を地で行く生活をしてるなーって思った。

話がそれたな、今頃まだクラブで飲んでるだろうデイビッドに別れを告げて今寮に戻ってこの日記を書いている。寝起きを共にしたのはたったの3週間だったけど、何年後に再会しても、また今夜のように晩酌で騒ぎあえる友達の一人だろうなーと思いながら、今日はこの辺で。

**デイビッドは何日か前の日記のカラオケの写真の左側で歌ってる男**

| - | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/7PAGES | >>